顔や首のポツポツにさようなら

20160121追加

顔のイボを除去する液体窒素を詳しく教えます。

イボの顔の除去の液体窒素についての方法について詳しくお知らせしたいと思います。

 

○液体窒素
昔からあるイボの治療法で液体窒素で焼き切る治療になります。
日本で行われているイボの治療法として、もっとも一般的な方法です。
処置として、196℃にもなる液体窒素で綿棒のようなものをイボをこすりつけ、部分を除去します。
細胞が活発に新陳代謝を繰り返すようになり、新しい皮膚が再生されイボが消える治療法です。

 

痛み:個人差があるようですが、低温火傷をしている状態ですので痛みを強く感じる人ももいるようです。
麻酔はしませんので、痛みがあります。

 

費用:保険適用で数カ所千円前後
保険が適用され、金額が安いのがメリット
一度に取れるイボの数:数で価格があまり変わらない
数が10個、20個と多い場合に関しても皮膚への負担を考えて10個程度治療をします。

 

費用は保険が効きますので、治療としては安く治療することが出来ます。

 

治療時間:5分程度
短い時間で処理が終わる。
特別な器具などが必要ない簡単な治療なので、何処の皮膚科でも処理をしています。

 

処置後:皮膚が火傷を起こした状態ですので、傷口やウイルスから感染を防ぐケアが大切になります。
いぼの原因であるウイルスがまだ皮膚に残っている場合もあり、再発の危険があります。ですからウイルスを無くす単に、肌の表面を焼き切る治療を繰り返す必要があります。

 

治療期間:三カ月から1年
治療期間が長いので、病院に多く通う必要があります。

 

顔の治療:色素沈着を起こすことが多いのです。
顔や首など目立つ部位のイボの除去にはあまりむいていません。

 

○メリット
処理時間も5分程度で金額も保険が適用されるので手軽に受けらるのが、液体窒素治療のメリットです。

 

○デメリット
液体窒素での治療を考えている人には、イボがかなり多くある場合は時間がありますので、自分のイボの状態を考えつつ治療をすることが必要です。
液体窒素の治療としては費用が安く済ませることができることですが、治療期間が長くかかること。
再発の可能性があるので、処置を長く続ける必要があり、痛みを伴う処理になることを考えての治療となります。

 

液体窒素の治療にはメリットやデメリットがあります。
顔などに液体窒素治療をする場合には色素沈着が心配されます。
顔のイボの治療法には液体窒素以外にも治療法はあります。
どういった治療法が向いていいるのか予算やイボの状態を見つつ検討するのも良いかとは思います。

 

 

関連ページ

顔のイボを切除するのに費用はどのぐらいかかる?
イボの切除費用はどのぐらい?顔は?顔やイボの切除費用を詳しく教えます。
イボが顔に出来たら嫌ですね!治し方を教えます。
イボが顔に出来たら嫌ですね!治し方を教えます。顔のイボで、自宅と病院の治し方をお知らせします。
イボが顔にできたら?スキンケアの大切さ。
イボが顔にできたら?スキンケアの大切さをお知らせします。顔のイボには、ヨクイニンを含んだスキンケアがオススメ。
妊娠中の顔のイボを治すには?
妊娠中の顔のイボに効果あり!妊娠していときの顔のイボは、デリケートです。敏感肌にも大丈夫なケア法をお知らせします。
顔のイボにオロナインは効くのか?
顔のイボにオロナイン?顔のイボには、オロナインは効果がありません。イボ対策お知らせします。
イボが顔に出来たけど市販薬で治せる?
イボが顔に出来た場合、市販薬でどうにかすることはできるのでしょうか?顔のイボに市販薬を使う場合は注意が必要なので気を付けてください。
顔のイボは再発するもの?
顔のイボは再発するもの?顔のイボで再発する場合もあります。
顔のイボにオススメの化粧品はこれ
顔のイボにオススメ化粧品。顔のイボに効果がある化粧品をお知らせします。